低コストでおしゃれな家! 香川のおすすめ注文住宅メーカー集 低コストでおしゃれな家! 香川のおすすめ注文住宅メーカー集
低コストでおしゃれな家! 香川のおすすめ注文住宅メーカー集 » 香川の注文住宅事情

香川の注文住宅事情

香川県の住宅事情についてご紹介しています。地域的な特性を考慮した家づくりを検討するとともに、県や国などの給付金・助成制度などについても理解を深めておきましょう。

いくらかかる?香川での注文住宅づくり

注文住宅を建てる際の費用は、おおむね延床面積によって決まります。もちろん、工法や部材の違いによっても費用が異なってきますが、まずは標準的な注文住宅の価格を延床面積別でイメージしておくことが大切です。

香川で注文住宅を建てる際の総費用(平均金額)

30坪

本体工事費:1,692万円

別途工事費:483万円

諸費用:242万円

総費用:2,417万円

40坪

本体工事費:2,256万円

別途工事費:645万円

諸費用:322万円

総費用:3,223万円

50坪

本体工事費:2,820万円

別途工事費:806万円

諸費用:403万円

総費用:4,029万円

全国の平均的な一戸建ての延床面積は約40坪。一方で香川の平均的な一戸建ての延床面積は約42坪。これら平均を基準に、上記の表で総費用の目安をイメージしてみてください。

香川県で注文住宅を建てる際のポイント

どのエリアに家を建てるべきか

高松の中心部は住環境がとても良いのですが、現状、住宅の供給量は少なめです。逆に、中心部を外した場所なら住宅用地が比較的見つかりやすいので、不動産屋さんや建築事務所等に相談してみましょう。

高松駅から予讃線、高徳線、琴平線、長尾線、志度線などが走り、電車の利便性が良いため、あえて中心部を外したエリアを選んでもさほど不便はありません。もとより香川県での通勤・通学における自家用車利用率は6割超なので、車での移動を前提にすれば、駅近ではないエリアでも大きな問題はないでしょう。

断熱を考慮した家づくりを

香川県は比較的温暖なエリア。冬はさほど寒くはなく、逆に夏は猛暑日が続くことがあります。熱帯夜になることも少なくないので、家づくりの際には、冷房効率の良い断熱素材を検討してみてください。

給付金・助成金制度を漏れなく活用する

家づくりは、一生に何度とない大きな買い物です。新生活のためにも、少しでもお金を節約して家づくりをするようにしましょう。自治体や国では、家を建てる世帯に対してさまざまな給付金・助成金制度を用意しています。利用できる制度があれば、漏れなく利用するようにしてください。

【香川県が用意している給付金・助成金制度の例】

【国が用意している給付金・助成金制度の例】

他にも、高松市や丸亀市などの市町村単位で給付金・助成金制度を用意しています。詳しくは役所の担当窓口まで相談してみましょう。